西宮市歴史資料写真展

東館2F中央ひろば

※新型コロナウイルスの影響により中止となりました。
「阪神・淡路大震災25年事業 『街がかわる 街をかえる』 ~西宮市制100年に向けて~」
日にち : 3月17日(火)~22日(日)
時間 : 10:00~20:00(最終日は18:00まで)
場所 : 東館2F中央ひろば
主催 : 西宮市情報公開課
阪神・淡路大震災25年事業として、震災に関する写真や資料を展示しており、被災・支援・復興の様子を振り返ります。ぜひ、お立ち寄りください。


アクタステージ

東館2F中央ひろば

※新型コロナウイルスの影響により中止となりました。
出演 :落合ゆかり(vo)、秦弘作(gt)
日にち: 3月28日(土)
時間:①14:00 ②16:00(各回30分程度)
場所 : 東館2F中央ひろば
※プロフィール
≪落合ゆかり≫
大阪産まれ大阪育ち。soulfulでbluesyなvocalが持ち味。幼少期からjazzやbluespなどに親しみ、好んで聴いていたラジオで様々な音楽に触れる。大学生時代に哲学を学ぶうちに、自分の人生について考え、メッセージをもって音楽の道へ進む。vocalistとして在学中より多数のステージ、メディアに出演。京セラドーム大阪で、オリックスバッファローズ対阪神タイガース戦の国歌斉唱の経験。オリジナル曲では「よーいドン 隣の人間国宝さん」に出演、ラジオ番組でも取り上げられる。jazzシンガーとしては、ミスターケリーズ、ロイヤルホース、ラグタイム等、様々なjazzバーで活動している。現在も多数のLIVE演奏や、soloでの弾き語りや、役者としても舞台に出演するなど、多方面で活動している。また、2019年5月1日、自身初のオリジナルソングフルアルバム、「I hear,”I'm here.”」をリリース。好評を得ている。
≪秦 弘作(ハタ コウサク)≫
14歳よりギターを始め高校入学後、田村太一氏に師事。その後、音楽の専門学校へ入学し音楽理論の知識を学ぶ。演奏スタイルはRock•Pops•Jazz•Bossa Nova•Funk•R&B•Gypsy Jazz•Fusionとジャンルを問わず、エレクトリックギター、フォークギター、フルアコースティックギター、マカフェリギターと様々なギターを使い分け演奏する。神戸・大阪・京都を拠点にライブハウスでの演奏、カフェやレストランでのソロBGM 、セッションのホスト、社交ダンスのバックバンドのリーダー、レコーディング参加、店内BGMの作成、TV出演、ラジオ出演等、ジャンルレスの音楽活動を行っている。レコーディングに参加した楽曲がiTunesの全米デイリーチャートJazz部門にTop100入り。神戸ジャズストリート、ミナミジャズストリートにレギュラー出演。テレビ番組NHK「ジャズライブKOBE」に出演。